Blog

下田めぐり

1852年ペリーは11月24日アメリカ東海岸ノーフォークを出航同、日本に向かった。当時アメリカでは、西海岸が開拓され、さらに捕鯨業がさかんになってきたため、太平洋の重要性が高まったため、日本との国交はアメリカにとって欠かすことのできないこ存在となった。ペリーは12隻の大艦隊で日本に向かう予定であったが、故障する船や予定の立たない船が続出し、ペリーはやむをえず海軍の蒸気船ミシシッピー号に乗り、日本に向かった。アメリカ東海岸から大西洋を南下、インド沖から東南アジアを通過し、中国広東に寄港し、蒸気船2隻・帆船2隻からなる艦隊を編成し、日本に向かった。そして途中琉球・小笠原諸島を経て江戸湾三浦半島の浦賀沖に来航したのは1853年7月8日のことであった。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新情報をチェック ★公式SNS★

Instagram

Facebook

Youtube


予約ページ

ゲストルーム

ご予約・お問合せ

プラン&オプション


電話

カード

電話2